ホーム > 知事室 > ジョンダナホールでの展示のお知らせ

ジョンダナホールでの展示のお知らせ

 

3002GI  
  

 

  県庁1階ロビーでは、県が取り組んでいる施策、県民の皆様に広く知っていただきたい情報などを展示しております。

 また、山形県の優れた工業製品、木工製品などの常設展示も行っていますので、どうぞご覧下さい。 

 

1  常設展示

 展示内容

1 【県内の伝統的工芸品展示】・・・「山形仏壇」「置賜紬」「山形鋳物」「羽越しな布」

2 【県内の県産品、工芸品等展示】・・・「黒柿工芸品/㈲齋藤木箱製作所」「山形張子/岩城人形展」「花泉凧/阿部太彦」「笹野彫/笹野民芸館」「山形だるま/鵜渡川原人形伝承の会」

3 「やまがた森林ノミクス」県産木材を活用した木製品の紹介・・・衝立、箪笥、ランプ、ベンチ、テーブル、いす、「森林ノミクス」ロゴマーク

4 「山形の酒」の紹介(清酒の地理的表示(GI)に「山形」が指定されました。)・・・県内酒蔵のラベルをパネルで展示しています。

この他、観光PRや「県産米つや姫・雪若丸」PR、「山形の花」PR、総合支庁ニュースを掲示しています。

  

3001県産品3001伝統工芸品県産木工製品展示画像つや姫ゆきわか丸展示画像 コスタネオロマンチカ号展示画像  

                  

2 企画展示

 

2月後半(2月15日~2月28日)の展示NEW

「未来に伝える山形の宝」について (教育庁 文化財・生涯学習

 県内各地域には、世界に誇れる文化、いにしえから脈々と地域で受け継がれる文化財があります。これらの保護を図るとともに、郷土に対する誇りと愛着を育み、地域活性化や新たな交流拡大につなげていくため、これら文化財(山形の宝)を保存・活用する取組みを「未来に伝える山形の宝」として登録し県内外に広く発信しています。平成30年2月7日に新たに登録された4件を中心にパネル等で紹介します。

 また、平成29年度は制度創設5年目を記念し、この制度の更なるPRを目的としたロゴマークの一般公募を行い、全国より応募のあった266件の中から千葉県在住の野田さんの作品が選ばれましたので紹介します。

 なお、詳しくは、「未来に伝える山形の宝」ポータルサイトをご参照ください。

 〇「未来に伝える山形の宝」ポータルサイト URL:http://www.yamagata-takara.com/

 3002山形の宝

公共広告パネル展&やまがた景観物語 (県土整備部 県土利用政策課) 

  山形県では、良好な景観を将来の世代に引継ぎ、心豊かな県民生活や多様な交流による活力ある地域社会の実現へ向けて取り組んでいます。山形県屋外広告美術協同組合では、屋外広告業に対する理解と豊かな環境社会づくりへの貢献を目的として、県や国が後援し毎年9月に霞城セントラルで公共公告パネル展を開催しています。平成29年度の公共公告パネル展で展示された作品を展示します。
 併せて、「やまがた景観物語ビューポイント53選」の平成28年度の写真募集の入選作品を展示します。 
  なお、詳しくは、ホームページをご参照ください。
  〇「やまがた景観物語」について(山形県ホームページ)URL:http://yamagata-keikanmonogatari.com/
 3002三世代

2月前半(2月1日~2月14日)の展示

北方領土に関するパネルの展示 (総務部 広報推進

 2月は「北方領土返還運動全国強調月間」です

 山形県では、北方領土返還運動の趣旨に賛同する団体等で組織される「山形県北方領土返還促進協議会」の会員として、政府、県内市町村、関係団体と連携を図りながら、北方領土の早期返還に向けた取組みを行っています。

 多くの方々に北方領土についての理解を深めていただくため、パネル展示を行っているほか、早期返還に向けた署名活動も行っておりますので、皆様のご協力をお願いいたします。

 なお、詳しくは、ホームページをご参照ください。

 〇「山形県北方領土返還促進協議会」について(山形県ホームページ) URL:http://www.pref.yamagata.jp/ou/somu/020020/03/hoppo/kyogikai.html

 3002北方領土

三世代家族 写真コンテスト 入選作品の紹介 (子育て推進部 子育て支援課) 

  山形県は三世代同居率が日本一。県では、子育てを家族の絆で支え合う暮らしを応援しています。
  三世代同居や親世帯と子世帯が近くに住む近居のことを考えていただくきっかけとするため、平成29年5月に「三世代家族の日常のシアワセ」をテーマにした写真コンテストを実施しました。ご応募いただいたたくさんの作品の中から入選作品を展示します。素敵な家族の写真をご覧ください。 
  なお、全応募作品は、ホームページをご参照ください。
  〇「三世代家族特設サイト」(山形県ホームページ)URL:http://www.shiawase-yamagata.com/
 3002三世代

【臨時展示】「ノロウイルス食中毒予防」について (危機管理・くらし安心局 食品安全衛生課) 2月末まで展示

 冬期に入り、全国的にノロウイルスによる食中毒が流行します。
 原因として、ノロウイルスが蓄積した食品を食べて感染するほか、ノロウイルスに感染した人が、十分な手洗いを行わず調理した食品を食べることで感染してしまうことがあります。
 ノロウイルス食中毒を予防するための方法等について展示しています。
 なお、詳しくは、ホームページをご参照ください。
 〇「ノロウイルス食中毒にご注意ください」について(県ホームページ) URL: https://www.pref.yamagata.jp/ou/kankyoenergy/020071/05/noro.html
 3002ノロ 

1月後半(1月16日~1月31日)の展示

第67回山形県統計グラフコンクール優秀作品展示 (企画振興部 統計企画

 今回で67回を数えるこのコンクールは、子どものうちから統計へ親しみを深め、統計を表現する技術を向上させることを目的として、毎年、グラフや表を用いて作成したポスターを募集しているものです。今年度の入賞作品を展示いたします。

 詳しくは、ホームページをご参照ください。

 〇「山形県統計グラフコンクール」について(山形県ホームページ) URL:http://www.pref.yamagata.jp/ou/kikakushinko/020052/tokei/gurakon/

 3001統計

安全な雪おろし等について (企画振興部 市町村課) 

   降雪期においては、雪おろし中の転落事故や除雪機使用による事故が毎年発生しています。
   除雪作業が集中する1月下旬から2月上旬の時期は、事故が最も発生しやすく、特に注意が必要です。除雪や雪おろしを行う際は、適切な安全対策を行うことが非常に重要
  です。安全な雪おろしのポイント等をパネル展示しますので、ぜひ参考にしてください。
  詳しくは、ホームページをご参照ください。
  〇「安全な雪下ろし作業」について(山形県ホームページ)URL:http://www.pref.yamagata.jp/ou/kikakushinko/020024/yuki/yuki/yukioroshiDVD2.html
 3001雪

【臨時展示】「やまがた出会いサポートセンター」「やまがた縁結びたい」について (子育て推進部 子育て支援課) 

  山形県では、結婚を望む県民の皆さんの出会いの機会拡大を図るため、市町村、県内商工団体等と連携して設立した「やまがた出会いサポートセンター」で実施するインターネットを活用した1対1の出会い支援サービスや「やまがた縁結びたい」によるボランティアの仲人活動を進めております。
 山形で、結婚、子育てを望む方が、その望みを叶え、幸せを実感できるよう、県民の皆さんの理解とご協力をお願いいたします。
 詳しくは、ホームページをご参照ください。
 〇「やまがた出会いサポートセンター」について URL: http://www.dsc-yamagata.jp/
 〇「やまがた縁結びたい」について URL:http://www.pref.yamagata.jp/ou/kosodatesuishin/010001/konkatsu/ennmusubitai.html
 3001出会い 

1月前半(1月4日~1月15日)の展示

「災害ボランティア活動」に関する展示 (観光文化スポーツ部 県民文化スポーツ

 広く国民が災害時におけるボランティア活動及び自主的な防災活動についての認識を深めるとともに、災害への備えの充実強化を図ることを目的として、政府では阪神淡路大震災が発生した毎年1月17日を「防災ボランティアの日」、1月15日から21日までを「防災とボランティア週間」と定めています。山形県では、この機会に、大規模な災害時に被災者に対する支援活動を行うなど大きな役割を果たしている災害ボランティアの活動を紹介し、県民の皆さんの活動への参加を呼びかけます。

 災害ボランティアに関する基本的な知識や実際の活動の状況などを紹介しています。

 詳しくは、ホームページをご参照ください。

 〇「災害ボランティア活動」について(山形県ホームページ) URL:http://www.pref.yamagata.jp/ou/kanko/020073/ykemminkatsudou/saigaivolunteer.html

 3001災害ボランティア

地域青少年ボランティア活動」について (教育庁 文化財・生涯学習課) 

  山形県では中高生が地域単位でボランティア活動を行う「YY(やまがたヤング)ボランティア」活動が盛んに行われています。
  青少年によるボランティア体験の機会を増やすことで、中高生の地域貢献・社会参画へに意欲を高めることを目指しています。
  楽しみながら、誰もが気軽にボランティアに参加できる環境を醸成していきます。
  詳しくは、ホームページをご参照ください。
  〇「YYボランティア活動」について(山形県青年の家ホームページ)URL:http://seinen.jp/
 3001YYボラ

【臨時展示】「やまがた出会いサポートセンター」「やまがた縁結びたい」について (子育て推進部 子育て支援課) 

  山形県では、結婚を望む県民の皆さんの出会いの機会拡大を図るため、市町村、県内商工団体等と連携して設立した「やまがた出会いサポートセンター」で実施するインターネットを活用した1対1の出会い支援サービスや「やまがた縁結びたい」によるボランティアの仲人活動を進めております。
 山形で、結婚、子育てを望む方が、その望みを叶え、幸せを実感できるよう、県民の皆さんの理解とご協力をお願いいたします。
 詳しくは、ホームページをご参照ください。
 〇「やまがた出会いサポートセンター」について URL: http://www.dsc-yamagata.jp/
 〇「やまがた縁結びたい」について URL:http://www.pref.yamagata.jp/ou/kosodatesuishin/010001/konkatsu/ennmusubitai.html
 3001出会い 

 

12月後半(12月18日~12月28日)の展示

「Giving Decemder(12月は寄付月間)と「やまがた社会貢献基金」について (観光文化スポーツ部 県民文化スポーツ

 

 12月を「寄付月間」とする取組みが2015年から始まりました。この機会に、寄附の大切さや役割について考えてみませんか?

 県では「やまがた社会貢献基金」を設置し、県民や企業の皆様からお寄せいただいた寄附を積み立て、これを活用して、さまざまな社会貢献活動に取り組む団体の活動を支援しています。

 「寄付月間」及び「やまがた社会貢献基金制度」の概要や、基金を活用して実施された事業などの展示を行っております。

 詳しくは、各ホームページをご参照ください。

 〇「やまがた社会貢献基金」について(山形県ホームページ) URL:http://www.pref.yamagata.jp/kifu/

 〇「寄付月間2017」について(寄付月間推進委員会ホームページ) URL:http://giving12.jp/

2912寄付

生物多様性「やまがたの貴重な鳥類 写真展」 (環境エネルギー部 みどり自然課) 

  県では、県内の生物多様性を保全するとともに、人と自然が共生し、将来の世代にわたって豊かな恵みを享受し、持続的に活用する社会の実現を目指しています。生物多様性やその大切さについて理解を深めるため、やまがたに生息する貴重な鳥類の写真等の展示を行います
 詳しくは、各ホームページをご参照ください。
  〇「生物多様性とは?」(環境省ホームページ)URL:http://www.biodic.go.jp/biodiversity/
  〇「県生物多様性戦略」について(山形県ホームページ)URL:http://www.pref.yamagata.jp/ou/kankyoenergy/050011/sizenkankyo/yamagata_biodiversity.html
 2912鳥

【臨時展示】県産品愛用運動PR「いいよね!やっぱり県産品」 (商工労働部 商業・県産品振興課) 

 県民の皆様が県産品を知って、買って、使って、その良さを県外に発信していくこと、さらには県産品を購入することで、県内での生産の増加、雇用の場の確保、所得の増加、消費の拡大につながっていくという県内経済循環の輪の形成を目的とし、「県産品愛用運動」を実施しております。
 詳しくは、山形県産品愛用運動推進協議会ホームページをご参照ください。
 〇「山形県産品愛用運動」について URL: http://www.y-kensanpin.jp/
 2912県産品 

12月前半(12月1日~12月15日)の展示

雪崩防災週間(12/1~7)・雪崩災害について (県土整備部 砂防・災害対策

 雪崩災害による被害をなくすため、毎年、12月1日から7日までを「雪崩防災週間」としています。

 本格的な雪のシーズンの前に、雪崩災害の危険性を再認識し、雪崩に関する知識の普及啓発を図るため、雪崩災害のパネル・写真の展示を行います。

 詳しくは、国土交通省ホームページをご参照ください。

 〇「雪崩防災」について URL:http://www.mlit.go.jp/mizukokudo/sabo/nadare.html

 〇「雪崩防災週間」について URL:http://www.mlit.go.jp/report/press/sabo01_hh_000051.html

2912雪崩

障がい者アート展 (健康福祉部 障がい福祉課) 

  毎年12月3日から9日までの1週間は、「障害者週間」です。
  さらに山形県では今年から、毎年12月を「山形県障がい者差別解消強化月間」とし、障がいのある人もない人も相互に人格と個性を尊重し合いながら共生する社会を実現するため、周知啓発等を集中して行うこととしました。この取組みの1つとして県庁ロビー(ジョンダナホール)において、「やまがた障がい者芸術活動推進センター ぎゃらりー ら・ら・ら」による障がい者アート展を開催し、魅力あふれる作品を展示します。
 詳しくは、各ホームページをご参照ください。
  〇「障害者週間」について(内閣府ホームページ)URL:http://www8.cao.go.jp/shougai/kou-kei/index-kk.html
  〇「山形県障がい者差別解消強化月間」について(山形県ホームページ)URL:http://www.pref.yamagata.jp/kenfuku/shogai/fukushi/6090004kaisyougekkan.html
  〇「やまがた障がい者芸術活動推進センター ぎゃらりー ら・ら・ら」についてURL:http://www.aisenkai-koyoen.com/gallery/ 
2912障がい者アート

【臨時展示】地球温暖化防止について (環境エネルギー部 環境企画課) 

 毎年、12月は「地球温暖化防止月間」です。
 山形県では、この期間を含め、「冬の省エネ県民運動」(3月末まで)を展開します。普及啓発事業をはじめ、様々な取組みを官民一体となって実施します。無理のない範囲での自主的な省エネ・節電の取組みに県民皆さんでご参加ください。
 〇「笑顔で省エネ県民運動」について詳しくは、県ホームページをご参照ください。

11月後半(11月16日~11月30日)の展示

学校・家庭・地域の連携協働推進事業「地域学校協働活動」の取組みについて (教育庁 文化財・生涯学習

 「地域学校協働活動」とは、地域の皆さんや企業・団体等の協力により、子どもたちの「放課後の活動支援」や「学校の活動支援」、「家庭教育の支援」等、子どもたちの教育環境の充実に努める取組みです。また、この取組みに関わる地域の皆さんにとっては、生涯学習の場であり、地域の活性化に繋がるものにもなっています。展示では、県内の事例を紹介します。

 〇「やまがた教育月間」について詳しくは、県ホームページをご参照ください。

 URL:https://www.pref.yamagata.jp/bunkyo/kyoiku/chu/7700001yamagata-kyoikunohi.html

2911家庭教育支援

 

女性に対する暴力をなくす運動・若者支援の取組みについて (子育て推進部 若者活躍・男女共同参画課) 

  11月12日から25日までは、「女性に対する暴力をなくす運動」の期間です。男女がお互いの人権を尊重し、暴力のない社会を実現するため、この機会に、男女の平等なパートナーシップや暴力を伴わない人間関係について考えてみましょう。
 また、若者支援や、“いじめ・非行をなくそう”やまがた県民運動についての取組みを紹介しています。
 詳しくは、県ホームページをご参照ください。
  〇「女性に対する暴力をなくす運動」についてURL:http://www.pref.yamagata.jp/ou/kosodatesuishin/010003/zyosei/H28joseiunndoukikan.html
  〇「輝けやまがた若者大賞」についてURL:http://www.pref.yamagata.jp/kenfuku/danjo/wakamono/7010003h28wakamonotaisho.html
  〇「子供・若者育成支援強調月間」についてURL:http://www.pref.yamagata.jp/ou/kosodatesuishin/010003/publicdocument201711023143515704.html
  〇「“いじめ・非行をなくそう”やまがた県民運動」についてURL:http://www.pref.yamagata.jp/kurashi/bosai/bohan/7010003izimewonakusou.html
 

【臨時展示】入浴事故防止啓発パネル展示 (健康福祉部 健康長寿推進課 健康づくりプロジェクト推進室) 

  「全国で年間推計約1万9千人が死亡」、これは平成25年度に厚生労働科学研究班が示した入浴中の事故死者数です。「1日の疲れをいやすはずのお風呂には、実はとんでもない事故が隠されていた。」庄内保健所の取組みからその実態が明らかになりました。「安全おふろ8つのポイント」や「もしも入浴事故に遭遇したら」などについて、わかりやすく紹介します。
 〇「入浴事故防止」について詳しくは、県ホームページをご参照ください。

11月前半(11月1日~11月15日)の展示

「やまがた教育の日」及び「やまがた教育月間」関連パネル展示について (教育庁 総務

 県教育委員会では、教育に対する関心と理解を深め、社会全体で「教育を支える文化・風土」を育むとともに、未来の山形を担う心豊かでたくましい子ども達を育成するため、11月を「やまがた教育月間」、11月第2土曜日を「やまがた教育の日」と定めています。家庭や地域で「教育の大切さ」を考え、取り組んでいる事例を紹介します。

 〇「やまがた教育の日」「やまがた教育月間」について詳しくは、県ホームページをご参照ください。

 URL:https://www.pref.yamagata.jp/bunkyo/kyoiku/chu/7700001yamagata-kyoikunohi.html

「犯罪被害者支援」について (危機管理・くらし安心局 くらし安心課) 

  「犯罪被害者支援」を知っていますか?思いもかけず、突然被害者となり、目に見える被害に加え、精神的、経済的負担という目に見えない被害に長く苦しめられる犯罪被害者を、社会全体で支えていくためには何が必要でしょうか。被害者や遺族の思いやこれまでの取組み、また、平成29年11月17日(金)山形国際交流プラザビッグウイングで開催される「犯罪被害者支援県民のつどい2017」について照会します。
 「犯罪被害者支援」について詳しくは、県ホームページをご参照ください。

【臨時展示】入浴事故防止啓発パネル展示 (健康福祉部 健康長寿推進課 健康づくりプロジェクト推進室) 

  「全国で年間推計約1万9千人が死亡」、これは平成25年度に厚生労働科学研究班が示した入浴中の事故死者数です。「1日の疲れをいやすはずのお風呂には、実はとんでもない事故が隠されていた。」庄内保健所の取組みからその実態が明らかになりました。「安全おふろ8つのポイント」や「もしも入浴事故に遭遇したら」などについて、わかりやすく紹介します。
 「入浴事故防止」について詳しくは、県ホームページをご参照ください。
  

 

 

 


 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ