ホーム > 県政情報 > 情報公開・広報・広聴 > 広報 > ジョンダナホールでの展示のお知らせ

更新日:2021年5月6日

ここから本文です。

ジョンダナホールでの展示のお知らせ

ジョンダナホール案内板 ホール前 ホール内

県庁1階県民ロビー(ジョンダナホール)では、県が取り組んでいる施策、県民の皆様に広く知っていただきたい情報などを展示しています。
また、山形県の伝統的工芸品、県産木材を活用した木工製品などの常設展示も行っていますので、どうぞご覧ください。

1 常設展示

展示内容

  1. 【県内の伝統的工芸品展示】・・・「山形仏壇」「置賜紬」「山形鋳物」「羽越しな布」
  2. 【県産品展示】・・・日本一美酒県山形オンラインフェア及び県産酒のご紹介
  3. 【山形県の農林水産物】・・・「つや姫」、「雪若丸」、「県産花き(花を飾ろう!花を贈ろう!運動実施中)」
  4. 【やまがた森林ノミクス】県産木材を活用した木製品の紹介・・・衝立、箪笥、ランプ、ベンチ、テーブル、いす、「森林ノミクス」ロゴマーク

この他、総合支庁ニュースを掲示しています。

伝統的工芸品 県産酒 つや姫・雪若丸 サンシュ(天童市)、アルストロメニア(鶴岡市)、フリージア(山形市)、カンパニュラ(鶴岡市) 森林ノミクス

2 企画展示

10月後半の展示 (10月18日~10月29日)

県民が集い・学ぶ 本のまち (山形県立図書館)

 令和2年2月にリニューアルオープンした山形県立図書館は、第2・第4月曜日の開館や、開館時間の20時までの延長のほか、西側に隣接する遊学館駐車場を新設するなど、さらに利便性が向上しました。
 また、多様な主体と連携して賑わいづくりを推進しており、今年度はサマーフェスタに引き続きオータムフェスタを開催しています。赤ちゃんから高齢者まで全世代が楽しめ、本との出会いを演出するイベントが盛りだくさんです。
 詳しくは、下記ホームページ等をご参照ください。
〇山形県立図書館ホームページ
URL:(ホームページ) https://www.lib.pref.yamagata.jp
(携帯) https://www.lib.pref.yamagata.jp/m/

HPPC  HP携帯  Facebook  Twitter

ホームページ   ホームページ    Facebook     Twitter
携帯用      PC・スマートフォン用

図書館1 図書館2 図書館3


経営革新計画承認企業の取組みについて(産業労働部 中小企業・創業支援課)

 県では、「中小企業等経営強化法」に基づき、中小企業の経営革新への取組みを支援しています。経営革新計画の承認は、中小企業が新たな取組みを行うことによりその経営向上を図り、地域経済の発展に資することを目的に行っております。
 これまで承認を受けた企業による事業を紹介します。
 詳しくは、下記ホームページをご参照ください。
〇「経営革新計画承認事業について」(山形県ホームページ)
URL:https://www.pref.yamagata.jp/110013/sangyo/shokogyo/shinko/keieikakushin.html
経営革新1 経営革新2 経営革新3


令和3年度 第56回歯・口の健康に関する図画・ポスター・標語コンクール入賞作品展(健康福祉部がん対策・健康長寿日本一推進課)                     

 山形県では、子どもの健やかな成長や生活習慣病の予防など健康維持を図るため歯と口腔の健康づくりに取り組んでいます。
 日本学校歯科医会、山形県歯科医師会主催の『令和3年度 第56回歯・口の健康に関する図画・ポスタ-・標語コンクール』において、県内の小中学校から応募があった作品のうち、入賞作品を展示します。
なお、各1位の作品は、令和3年11月6日山形県歯科医師会館で開催される『第23回山形県歯科保健大会』で表彰されます。
 詳しくは、下記ホームページをご参照ください。
〇一般社団法人山形県歯科医師会ホームページ
URL:http://www.keishi.org/

歯・口1 歯・口2 歯・口3


10月前半の展示 (10月1日~10月15日)

食品ロス削減月間、3R推進月間、不法投棄監視及び海岸漂着ごみ削減強化月間に係る普及啓発(環境エネルギー部循環型社会推進課)

 10月は、食品ロス削減月間及び3R(リデュース・リユース・リサイクル)推進月間であるとともに、県の不法投棄監視及び海岸漂着ごみ削減強化月間(秋季)になります。
 10月からリサイクル推進、プラスチックごみ削減、食品ロス削減の専用Webページを公開します。
 詳しくは、下記ホームページをご参照ください。
〇山形県ホームページ「循環型社会推進課」
URL:https://www.pref.yamagata.jp/050010/kensei/shoukai/soshikiannai/kankyoenergy/050010.html
食品ロス1 食品ロス2 食品ロス3


移植医療(臓器移植、骨髄移植など)に関する普及啓発キャンペーンについて(健康福祉部医療政策課)

 10月は、臓器移植普及推進月間及び骨髄バンク推進月間です。臓器提供の意思表示及び骨髄バンクへの登録を推進するため、移植に関する子どもたちの絵画やメッセージを展示することにより、移植医療に対する理解の促進を図ります。

  詳しくは、下記ホームページをご参照ください。
○「日本臓器移植ネットワーク」ホームページ
URL:https://www.jotnw.or.jp/
○「日本骨髄バンク」ホームページ
URL:http://www.jmdp.or.jp/

移植1 移植2 移植3


「減塩・ベジアッププロジェクト」に関する展示(健康福祉部がん対策・健康長寿日本一推進課)

 やまがたが誇る豊かな"食"を楽しみながら、健康長寿日本一を目指すプロジェクトとして、毎月19日を「減塩・野菜の日」に設定し、塩分の摂取量を減らし野菜を多くとろうという「減塩・ベジアッププロジェクト」を"オールやまがた"で展開しています。
 広報活動やスーパー等でのキャンペーン等により、減塩・ベジアップの機運の醸成を図るとともに、減塩・ベジアップしやすい環境づくりを進めていきます。
 減塩とベジアップの取組みを推進することにより、生活習慣病を防ぎ、新型コロナにも負けない健康な体をつくるため、山形発、山形ならではのいきいきと輝いて暮らせる健康的な食生活の普及定着を図っていきます。
 減塩・ベジアップおすすめレシピは下記ホームページをご参照ください。
〇地域食生活・健康情報ステーション
URL:https://www.pref.yamagata.jp/090015/kenfuku/kenko/shoku/kjshome.html

減塩1 減塩2


「みんなで取り組む『がん対策県民運動』」に関する展示(健康福祉部がん対策・健康長寿日本一推進課)

 県では、平成29年から10月を「がん検診推進強化月間」に定め、がん検診受診による早期発見・早期治療の推進など、「みんなで取り組む『がん対策県民運動』」を展開しています。
 具体的には、がん総合相談支援センターの設置、医療用ウイッグ・乳房補整具購入費の助成、子宮頸がん及び乳がんにかかる休日検診の実施を行っています。
 詳しくは、下記ホームページをご参照ください。
〇山形県ホームページ「みんなで取り組む『がん対策県民運動』」
URL:https://www.pref.yamagata.jp/090015/kenfuku/iryo/gan/gankennmin/index.html

がん対策


9月後半の展示 (9月16日~9月30日)

交通事故防止の資料展示(防災くらし安心部 消費生活・地域安全課)

 9月21日から30日まで「秋の交通安全県民運動」を実施します。
交通死亡事故は、日没が早まる秋の夕方に多発する傾向にあり、過去10年間では、死亡事故の約4割が9~12月に発生しています。秋の夕方は、1年間で最も危険な時間帯です。
 交通事故を防止するため、交通安全に関する資料の展示と皆さんに着用いただきたい夜光反射材も設置しています。自転車安全利用啓発動画『やまがた愛の自転車利用虎の巻』の撮影で使用したヘルメットも展示しておりますので、ぜひお立ち寄りください。
 詳しくは、下記ホームページをご参照ください。
〇山形県ホームページ「交通安全県民運動」
URL:https://www.pref.yamagata.jp/020070/bosai/kotsuanzen/koutsuanzenkenminundou.html

交通1 交通2


日用品をウッドチェンジ!(農林水産部 森林ノミクス推進課)

 県では、身近に木の良さを感じてもらうことで県産木材の利用拡大を図るため、「食」をテーマとした日用品について商品価値の向上やブランド化等を図り、その製品がより普及しやすいものとなるよう、鶴岡市にあるアル・ケッチァーノのオーナーシェフの奥田政行氏をアドバイザーとして県産木材を活用した製品の製作への支援を実施しています。
今後の木製品の利用拡大につなげるため、昨年度の事業で製作した試作品の展示を行いますので、ぜひお手にとってご覧ください。

○山形県ホームページ「日用品木製化シフト事業について」
URL:https://www.pref.yamagata.jp/140023/kurashi/shizen/sinrin/morinomics/reiwa2nichiyouhin.html
木工2 木工1


「令和3年山形県動物写真コンテスト」入賞作品の展示
「動物愛護と適正飼養」に関する啓発パネル展示(防災くらし安心部 食品安全衛生課)

 今年は、県内初となる山形県動物写真コンテストが開催されました。テーマは「動物と人の絆」。県内各地から素晴らしい76作品が応募されました。今回はその中から入選作品9点、佳作12点を展示します。山形らしく心温まる写真を、素敵なエピソードとともにご覧ください。
 また、9月20日から26日までは「動物愛護週間」です。県民の皆様に動物愛護と適正飼養について理解と関心を深めていただくため、パネル展示も合わせて行います。保健所に保護され、新しい飼い主さんを待っている犬や猫の写真等も紹介します。
 詳しくは、下記ホームページをご参照ください。
〇山形県ホームページ「動物愛護・狂犬病の予防」
URL:https://www.pref.yamagata.jp/ou/bosai/020071/shokuhin/103/aigo_yobou.html
動物1 動物2


重要港湾「酒田港」の紹介パネル等の展示
本県の空のゲートウェイ 山形空港、庄内空港の紹介パネル等の展示(県土整備部空港港湾課)

 山形県唯一の重要港湾である酒田港は、経済、産業活動を支え、また、クルーズ船の寄港による交流人口の拡大や、賑わいの創出など重要な役割を担っています。平成15年に総合静脈物流拠点港(リサイクルポート)に指定され、リサイクル資源の循環に寄与しているほか、近年ではコンテナ貨物取扱量が大幅に増加するなど、経済・産業を牽引する重要な港湾となっている「酒田港」を紹介するパネル展示を行います。
 また、本県には、昭和39年に開港した山形空港と、平成3年に開港した庄内空港があります。2つの空港は、本県の空のゲートウェイとして、「人」と「もの」の交流が展開され、それぞれ「おいしい山形空港」、「おいしい庄内空港」という愛称で、県民の皆様から親しみを持って利用していただております。
特に、本年は、庄内空港が開港から30周年を迎えることとなりましたので、両空港をもっと知っていただくため、両空港を紹介するパネルを展示いたします。
 詳しくは、下記ホームページをご参照ください。
○山形県空港港湾課ホームページ
URL: https://www.pref.yamagata.jp/ou/kendoseibi/180033/port/
○国土交通省東北地方整備局酒田港湾事務所ホームページ
URL: http://www.pa.thr.mlit.go.jp/sakata/
○山形空港ホームページ
URL: https://www.pref.yamagata.jp/kurashi/kendo/kuukou/yamagatakuukou/index.html
○庄内空港ホームページ
URL: https://www.pref.yamagata.jp/kurashi/kendo/kuukou/shounaikuukou/index.html

酒田港1 酒田港2

     空港1 空港2


9月前半の展示 (9月1日~9月15日)

東京2020オリンピック聖火リレー・パラリンピック聖火フェスティバルに関する展示 (観光文化スポーツ部スポーツ振興・地域活性化推進課)

 東京2020オリンピック聖火リレーは、6月6日・7日に山形県内を走行しました。2日間で総勢185名の聖火ランナーが18市町を駆け抜け、聖火を繋ぎました。
 また、東京2020パラリンピック聖火フェスティバルは、8月12日~16日に県内各地で採火が行われ、8月16日には県内35市町村の火を1つにする集火式が行われました。
 今回は、東京2020オリンピック聖火リレー及びパラリンピック聖火フェスティバルのトーチや開催の様子の写真・映像などを展示しますので、是非ご覧ください。
 詳しくは下記ホームページもご参照ください。
〇東京2020オリンピック聖火リレー山形県情報サイト
URL:https://www.yamagata2020.jp/
オリパラ1 オリパラ2


「第61回下水道の日」関係展示(県土整備部下水道課)

 毎年、9月10日は「下水道の日」です。
 今回、「第61回下水道の日」(令和3年9月10日)に合わせ、下水道に関する展示を行います。
 下水道の仕組みや使い方のほか、下水道での資源・エネルギー活用についてパネルにより紹介します。また、下水汚泥から作られた肥料やレンガなどを展示しますので、実際に手にとってご覧いただくことができます。
日ごろ何気なく使っている下水道。この機会に是非下水道に目を向けてみませんか。
〇山形県下水道課ホームページ
URL:https://www.pref.yamagata.jp/180040/kensei/shoukai/soshikiannai/kendoseibi/180040.html
下水1 下水2

 

 


9月は山形県防災月間!ミニ防災展(防災くらし安心部防災危機管理課)

 8月30日から9月5日までは中央防災会議が定める「防災週間」、また、9月は山形県防災基本条例で定める「防災月間」です。これに合わせ、防災意識を醸成するためミニ防災展を行います。令和2年7月豪雨のほか過去の災害記録を展示します。また、いつ発生するかわからない災害に備え、身を守るためのシェイクアウト、ローリングストック法による食料備蓄、洪水ハザードマップや新型コロナウイルス対策を踏まえた避難行動など、防災に関するパネルの展示を行います。
 詳しくは、下記ホームページをご参照ください。
〇山形県ホームページ「こちら防災やまがた!」
URL:https://www.pref.yamagata.jp/020072/bosai/kochibou/index.html
防災1 防災2


8月後半の展示 (8月17日~8月31日)

「カーボンニュートラル」に関する展示 (環境エネルギー部環境企画課)

 山形県では、2050年までの「カーボンニュートラル(温室効果ガスの排出実質ゼロ)」の達成を目指し、取組みを進めていくこととしています。
 この目標達成のためには、県民の皆様に対し、「カーボンニュートラル」という言葉や趣旨について理解していただくとともに、省エネルギーの更なる推進、再生可能エネルギーの導入といった具体的な取組みへの理解と協力を呼び掛ける必要があります。
 このため、冷房機器の使用などによりエネルギー消費が増える夏季に合わせて、カーボンニュートラル(省エネ・節電、エコドライブ)への取組みを呼び掛ける展示を実施します。

カーボン1 カーボン2

 


「やまがたの棚田」パネル展示(農林水産部農村計画課)

 「棚田」は食料生産の場だけでなく、美しい景観や貴重な生き物の宝庫、水と土砂の調節機能、文化や教育の場といった価値があります。
 山形県では、様々な魅力のある棚田を次代の子ども達へと継承していく取組みとして、「やまがたの棚田20選」の選定や棚田地域保全活動の支援、「棚田カード」配布など、棚田景観の美しさやそれを守る地元の取組みについて支援と情報発信を行っています。
 今回は、「やまがたの棚田」に関するパネルの展示を行います。また、県内の棚田を巡って抽選で素敵な賞品が当たる「やまがたの棚田スタンプラリー」も開催中です。
 詳しくは、下記ホームページをご参照ください。
〇山形県「やまがたの棚田20選」ページ
URL:https://www.pref.yamagata.jp/140017/sangyo/nourinsuisangyou/nogyo/nosangyoson/tanada/tanada20sen.html
〇山形県「やまがたの棚田スタンプラリー」ページ
URL:https://www.pref.yamagata.jp/140017/tanada/tanada_stamprally.html

棚田1 棚田2


8月前半の展示 (8月2日~8月16日)

第6回「山の日」全国大会に関する展示 (環境エネルギー部みどり自然課)

 本県には、雪国ならではの山の魅力があり、登山者向けの本格的な山から身近に親しまれている里山まで、数多くの山岳資源があります。
 県では、8月11日が「山の日」と制定されたことを契機に、地域の宝である山に光を当て、山岳観光の振興や地域の保全活動の促進を図るため、平成28年度に「やまがた百名山」を選定し、ガイドブックや山岳情報ポータルサイト「やまがた山」、SNS等でその魅力を発信してまいりました。そしてこのたび、北海道・東北で初となる、第6回「山の日」全国大会が、蔵王地域を主会場として令和4年8月10・11日に開催されます。
 今回、令和3年8月8日「山の日」に合わせ、やまがた百名山や、令和4年開催の第6回「山の日」全国大会に関する展示を行います。

 第6回「山の日」全国大会については、下記Facebookをご参照ください。
〇第6回「山の日」全国大会公式Facebookアカウント「やまがた 山の日」
URL:https://www.facebook.com/profile.php?id=100051995632559

 やまがた百名山については、下記ホームページをご参照ください。
〇山形県山岳情報ポータルサイト「やまがた山」
URL:http://yamagatayama.com/

山の日1 山の日2


第28回やまがた農村フォトコンテスト受賞作品の展示(農林水産部農村計画課)

 山形県では、農村の四季・風景、農村で働く喜びなど、山形の美しい農村の姿や農業の大切さを知っていただくため、「ふるさとを探そう!やまがた農村フォトコンテスト」(主催:水土里ネットやまがた)を後援しています。農業・農村に関わる文化や民族行事、ふるさとの原風景を後世に伝える、素晴らしい写真が集まりました。
 応募作品数は「一般の部」に172点、「学生の部」には82点の応募があり、入賞作品を展示しております。

 詳しくは、下記ホームページをご参照ください。
〇水土里ネットやまがた(山形県土地改良事業団体連合会)フォトコンテストページ
URL:http://www.sanae.or.jp/main/contest/index.html

農村フォト1 農村フォト2


「山形県のみちづくり」に関する展示(県土整備部道路整備課・道路保全課)

 8月1日から31日まで、「道路ふれあい月間」です。山形県の産業や県民の暮らしを支える重要な基盤である道路について、整備の状況や維持メンテナンスに関する取組み等、「山形県のみちづくり」に関するホットな話題について展示を行います。

〇山形県の道路に関する情報については、下記ホームページをご参照ください。
URL: https://www.pref.yamagata.jp/kurashi/kendo/douro/index.html

みちづくり1 みちづくり2


7月後半の展示 (7月16日~7月30日)

「山形県におけるJ-クレジット制度活用事業」 PR展示 (環境エネルギー部環境企画課)

 県では、再生可能エネルギー設備を導入した事業所や県民の皆様に「やまがた太陽と森林の会」に加入していただき、設備の導入による温室効果ガスの削減量を集約しています。
 温室効果ガス削減量は、政府のJ-クレジット制度により「環境価値(クレジット)」として認定され、県ではクレジットを都市圏の企業に販売することで、その収益を県内の環境保全に活用しています。
J-クレジット制度を活用した「やまがた太陽と森林の会」の内容と、クレジットの販売収益を活用した環境保全の取組みについて展示を行います。

 詳しくは、下記ホームページをご参照ください。
〇「やまがた太陽と森林の会」について
URL:https://www.pref.yamagata.jp/kurashi/kankyo/ondanka/taiyotomorinokai/index.html
〇「環境保全活動支援」について
URL:https://www.pref.yamagata.jp/050015/kurashi/kankyo/ondanka/kankyohozen.html
〇「若者向け環境SDGsワークショップ開催支援」について
URL:https://www.pref.yamagata.jp/050015/kurashi/kankyo/kyoiku/gakushuushien/sdgs_workshop.html

Jクレジット1 Jクレジット2


山形県産品愛用運動PR展示 (産業労働部商業・県産品振興課)

 山形県では、県内市町村及び商工関係団体で組織される「山形県産品愛用運動推進協議会」を設置し、県民の皆様が県産品を知って、買って、使って、その良さを県外に発信していくこと、さらには県産品を購入することで、県内での生産の増加、雇用の場の確保、所得の増加、消費の拡大につながっていくという県内経済循環の輪の形成を目的とする、「山形県産品愛用運動」を推進しています。PR展示では、「山形県産品愛用運動」の取組みと活動内容についてご紹介します。
 詳しくは、下記ホームページ及びFacebookをご参照ください。
〇ホームページ
URL:http://www.y-kensanpin.jp/
〇Facebook
URL:https://www.facebook.com/yamagatakensanpin/

県産品1 県産品2 


「やまがたハッピーサポートセンター」・「やまがた縁結びたい」PR展示
(しあわせ子育て応援部しあわせ子育て政策課)

 山形県では、県内全市町村、経済団体等と一体となって設立した「やまがたハッピーサポートセンター」で、マッチングシステムを活用した1対1の出会い支援サービス、企業間連携による独身者交流促進に取り組むとともに、県内においてボランティアで仲人活動を行う「やまがた縁結びたい」による仲人活動により結婚を望む県民の皆さんの出会いの機会拡大に取り組んでいます。
 「やまがたハッピーサポートセンター」と「やまがた縁結びたい」の結婚支援の取組みと活動の内容について展示します。

 詳しくは、下記ホームページをご参照ください。
〇「やまがたハッピーサポートセンター」について
URL:https://www.dsc-yamagata.jp/
〇「やまがた縁結びたい」について
URL:http://www.pref.yamagata.jp/ou/kosodatesuishin/010001/konkatsu/ennmusubitai.html

ハピサポ1  ハピサポ3


7月前半の展示 (7月1日~7月15日)

日本遺産「出羽三山『生まれかわりの旅』」・日本遺産「山寺と紅花」・日本農業遺産「歴史と伝統がつなぐ山形の『最上紅花』」に関する展示(観光文化スポーツ部文化振興・文化財課、農林水産部園芸農業推進課)

 山形県が誇る出羽三山は、山伏の修験道、庶民の山岳信仰巡礼等を「ストーリー」として、山形県第1号の日本遺産として認定されました。羽黒山、月山、湯殿山を巡る旅は、なぜ「生まれかわりの旅」と呼ばれるのか、その歴史的背景や現在における出羽三山の巡り方などについて展示します。
 また、県の花「紅花」に関して、平成30年5月に「山寺が支えた紅花」が日本遺産に、平成31年2月に「歴史と伝統がつなぐ山形の『最上紅花』」が日本農業遺産に認定されました。令和3年2月には、世界農業遺産への申請を農林水産省より承認されました。受け継がれてきた紅餅の価値を知っていただくため、認定内容について展示します。

 詳しくは、下記ホームページをご参照ください。

〇日本遺産「出羽三山『生まれかわりの旅』」
URL:https://nihonisan-dewasanzan.jp/
○日本遺産「山寺と紅花」
URL:https://yamadera-benibana.jp/
○日本農業遺産
URL:https://www.pref.yamagata.jp/ou/norinsuisan/140032/publicdocument201812272545670241.html

出羽三山1 出羽三山2

紅花1 紅花2


「第5回最上小国川写真コンテスト」入賞作品展示(県土整備部 河川課、最上総合支庁 総務課連携支援室)

 県の北部、最上町と舟形町を流れて最上川にそそぐ、清流「最上小国川」。その大切さの再認識、未来に伝える気運の醸成のため、「最上小国川写真コンテスト」を開催しました。今回は、最優秀賞作品をはじめ、「最上小国川」の流域文化、風景、体験や思い出などを切り取った入賞作品を展示します。

 詳しくは、下記ホームページをご参照ください。

URL:http://seiryu-mogamiogunigawa.jp/

小国川1 小国川2


6月後半の展示 (6月16日~6月30日)

「男女共同参画週間」に関する展示 (子育てしあわせ応援部 女性・若者活躍推進課)

 6月23日から29日までの1週間は「男女共同参画週間」です。女性も男性も、それぞれの個性と能力を発揮できる「男女共同参画社会」実現のためには、県民のみなさん一人ひとりの取組みが必要です。私たちのまわりの男女のパートナーシップについて、この機会に考えてみませんか。男女共同参画週間や子ども・若者支援の関連の展示を行います。

 詳しくは、下記ホームページをご覧ください。

〇山形県ホームページ「令和3年度「男女共同参画週間」について」
URL:https://www.pref.yamagata.jp/010003/wakamono/r3dannjokyoudousannkakusyuukann.html

男女1 男女2 男女3


「山形県立産業技術短期大学校」に関する展示(産業労働部雇用・コロナ失業対策課)

 山形県立産業技術短期大学校は、機械システム系、知能電子システム科、情報システム科、建築環境システム科、土木エンジニアリング科及び社会人等を対象とした産業技術専攻科があります。地域産業に密着した人材を育成し、技術開発に貢献しています。
 最先端機器を用い、実務経験豊かな教員による少人数クラスでの専門能力の習得、就職率100%の実現、県内企業への高い就職率、安価な学費と充実した支援制度など、学びやすい環境を備えています。産業技術短期大学校は技術で山形の未来を広げていきます。
 7月18日(日)にはオープンキャンパスを開催します。

 詳しくは下記ホームページ、パンフレットをご覧ください。

URL:http://www.yamagata-cit.ac.jp/

   学校HP 学校HP  YouTube Youtube

産技短1 産技短2 産技短3


薬物乱用防止広報~薬物乱用は違法です!(警察本部人身安全少年課)

 令和2年中の全国における薬物事犯検挙人員は約1万4,000人と引き続き高い水準にあります。このうち、覚醒剤事犯検挙人員は、薬物事犯全体の検挙人員の約6割を占め、また、大麻事犯検挙人員は、若年層を中心に増加傾向が続いています。薬物乱用とは、社会のルールからはずれた方法や目的で、薬物を使うことです。たった1回の使用でも「乱用」となります。
 また、医薬品についても、病気や傷の治療に使いますが、こうした本来目的以外に使えば乱用です。薬物を乱用すると脳や身体に悪影響を及ぼすほか、精神障害を発症し依存症を引き起こす原因になります。薬物乱用は、薬物を手に入れるため、窃盗、強盗、売春、さらには殺人などの犯罪を誘発し、家庭の崩壊、社会秩序の破壊などの要因にもなっています。最近は、大麻を始めとした違法薬物の売買にSNSが悪用されています。覚醒剤は「シャブ、エス、スピード、アイス、氷」、大麻は「ハッパ、クサ、チョコ、野菜」などの隠語を使って販売されることがあります。これらの隠語でSNS検索し、怪しい誘いに軽い気持ちで返信して、薬物を入手すると、重い刑罰が科せられる可能性があります。
 今回は、自分自身や家族など大切な人を守るために知っていただきたい薬物乱用の危険性について展示します。

 詳しくは下記ホームページをご覧ください。

○警察本部ホームページ(危険ドラッグには手をださないで!!)
URL:https://www.pref.yamagata.jp/800057/kensei/police/anzenjouhou/dappodrug.html

〇厚生労働省ホームページ(薬物乱用防止に関する情報) 
URL:https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iyakuhin/yakubuturanyou/index.html

薬物1 薬物2 薬物3


6月前半の展示 (6月1日~6月15日)

「食育月間」に関する展示(農林水産部 6次産業推進課)

 毎年6月は「食育月間」です。「食」はいのちの源であり、健康を支え人間関係を築く大切なものです。この期間に合わせ、県及び各市町村の食育計画、各地域の特色ある郷土料理集、食育推進活動のパネルを展示するほか、食育活動表彰において最高位である「農林水産大臣賞」を受賞した「有限会社蔵王マウンテンファーム」(第3回)及び「やまがた食育ネットワーク」(第4回)、次点である「消費・安全局長賞」を受賞した「特定非営利活動法人食育ママ」(第3回)の活動を紹介します。また、県内の大学生、高校生が地域の食や農林水産業に対して考え、「食」や「地産地消」について作成した冊子等の展示や、健康づくりや望ましい食生活、食品ロス削減の視点から、減塩プロジェクト事業やごみゼロやまがたの推進などの取組みも紹介します。
 詳しくは、下記ホームページをご参照ください。
〇農林水産省HP「食育月間」URL:http://www.maff.go.jp/j/syokuiku/gekkan/
○農林水産省HP「食育活動表彰」URL:https://www.maff.go.jp/j/syokuiku/hyousyo/4th/result.html

食育01 食育02 食育03


私をそこに連れてって―
『やまがた景観物語』おすすめビューポイント令和2年度写真コンテスト入選作品展
 (県土整備部県土利用政策課)

 県内には、山形ならではの美しい景観が数多くあります。これらの中から、特に優れた景観を望むことができる場所を「やまがた景観物語おすすめビューポイント60」として選定し、多くの方から訪れていただくことにより、観光振興と地域の活性化を図っています。
 令和2年7月1日から令和3年1月31日にかけて開催した写真コンテストにおいて、見事入選された24作品をご紹介します。県内の景観を見事にとらえた作品をぜひご覧ください。

※令和3年6月1日より、「やまがた景観物語Instagramフォト・ムービーコンテスト」を開催中ですので、ぜひご応募ください。詳細はやまがた景観物語Instagram公式アカウントをご参照ください。
〇URL:https://www.instagram.com/keikan_yamagata/
※令和3年6月1日より、「やまがた景観物語スマホスタンプラリーを開催中」ですので、こちらもぜひご参加ください。詳細は、スタンプラリー公式サイトをご参照ください。
〇URL:https://www.stamprally.net/udycxtrvbxfhragc

景観01 景観02 景観03


「水防」「土砂災害防止」に関する展示 (県土整備部河川課/砂防・災害対策課)

 近年、局所的な豪雨の頻発により各地で中小河川の氾濫被害が生じ、また、これら局所的豪雨を原因とする土砂災害も発生しております。5月の水防月間及び6月の土砂災害防止月間にあわせ、過去の水害、河川の安全利用、土砂災害に関する展示を行います。あわせて県の河川・砂防情報システムについての展示を行います。(5月後半から継続展示中)
「山形県河川・砂防情報システム」について、詳しくは次のホームページをご参照ください。
〇URL : http://www.kasen.pref.yamagata.jp/

土砂災害01 土砂災害02


5月後半の展示 (5月19日~5月31日) 

不法投棄監視及び海岸漂着ごみ削減強化月間(環境エネルギー部循環型社会推進課)

 不法投棄の未然防止と早期発見に努め、ごみのないクリーンな山形県の実現を図るため、県では5月を強化月間として、不法投棄防止の啓発及び監視パトロールを集中的に実施します。また、不法投棄防止及び海岸漂着ごみ削減の理解を深めるための展示を行います。

不法投棄01 不法投棄02 不法投棄03

全国消費者月間啓発パネル展示(山形県消費生活センター)

 毎年5月は消費者月間です。消費者、事業者、行政が一体となって消費者問題に関する啓発・教育等の事業が全国で行われます。本県においても安全、安心な消費生活のための関連展示をいたします。今年のテーマは「"消費"で築く新しい日常」です。
 「消費者月間」について、詳しくは次のホームページをご参照ください。 
〇URL :https://www.pref.yamagata.jp/021006/kurashi/shohi/shouhiseikatsucenter/syouhisyagekkann.html

消費者01 消費者02 消費者03


「水防」「土砂災害防止」に関する展示 (県土整備部河川課/砂防・災害対策課)

 近年、局所的な豪雨の頻発により各地で中小河川の氾濫被害が生じ、また、これら局所的豪雨を原因とする土砂災害も発生しております。5月の水防月間及び6月の土砂災害防止月間にあわせ、過去の水害、河川の安全利用、土砂災害に関する展示を行います。あわせて県の河川・砂防情報システムについての展示を行います。
 「山形県河川・砂防情報システム」について、詳しくは次のホームページをご参照ください。
〇URL : http://www.kasen.pref.yamagata.jp/

水防01 水防02


5月前半の展示 (5月6日~5月18日) 

自転車月間(5月)に関する資料展示 (防災くらし安心部 消費生活・地域安全課)
   (県土整備部 管理課)

 5月は「自転車月間」です。
 山形県では、「山形県自転車の安全で適正な利用の促進に関する条例」を制定し、自転車事故のない安全・安心な暮らしのため、県民の皆さまにお知らせしています。 全国的には、自転車事故の加害者に対する高額な損害賠償事例が多く発生しています。県では、自転車保険への加入が義務となっていますので、万が一に備えて、ご自身に合った保険に必ず加入していただき、自転車に乗るときはヘルメットをかぶり、交通ルールを守って安全に利用しましょう。
 県土整備部では、『山形県自転車ネットワーク計画』をこの3月に定め、市町村をまたぐ広域エリアを対象に、主要な観光地等を結び安全で快適な自転車通行空間を創出するとともに、広域的な自転車ネットワークを構成するサイクリングモデルルートを設定しました。この計画により、自転車利用を促進してまいります。
 詳しくは、次のホームページをご覧ください。
○自転車保険への加入義務化についてURL :https://www.pref.yamagata.jp/020070/bosai/kotsuanzen/jitensya/hokenkanyuu.html

山形県自転車活用推進計画についてURL :https://www.pref.yamagata.jp/180001/kurashi/kendo/kotsuseisaku/jitenshakatsuyou.html

自転車1 自転車2


「里の名水・やまがた百選」に関する展示 (環境エネルギー部水大気環境課)

 県では、良好な水質と水量を有し、多くの人に親しまれ豊かな自然景観を有するものなど地域の人々に育まれてきた優れた湧水を「里の名水・やまがた百選」として選定し、地域活性化や観光誘客に活かしています。 これまでに選定した60か所の湧水の魅力について展示します。ぜひ、現地を訪れて、涼と癒しを感じてみませんか。
 「里の名水・やまがた百選」について詳しくは、次のホームページをご参照ください。
URL : https://www.pref.yamagata.jp/050014/kurashi/kankyo/mizu/meisui/meisui.html

名水3 名水1 名水2


4月後半の展示 (4月16日~4月30日) 

やまぎん県民ホール(山形県総合文化芸術館)に関する展示(観光文化スポーツ部県民文化館活用推進室)

 やまぎん県民ホールは、東北地方屈指の収容人数を誇る2,001席の大ホールを有する複合文化施設です。舞台の広さは東北随一。これによりオペラ、バレエ、ミュージカルの公演も生演奏で上演することができるようになりました。音響の良さもプロのお墨付きです。
館内には山形が世界に誇るものづくりの技術、米沢織や庄内刺し子といった伝統の技、そして県産材がふんだんに用いられ、施設全体で山形県の「強み・特色・魅力」を発信しています。
 「魅力発信モール」では、県産品ショップや県産食材を使ったカフェ、ベーカリー、レストランに加え、山形が誇る手工芸品や全エリアの酒蔵・ワイナリーから代表的な酒を集めたコレクションショップもあり、本県のアンテナショップとして県内外に魅力を発信しています。
 多くの皆様からやまぎん県民ホールに親しんでいただけるよう、その魅力を御紹介します。詳しくは、下記ホームページをご参照ください。

〇やまぎん県民ホールホームページ https://yamagata-bunka.jp/
やまぎん県民ホール1 やまぎん県民ホール2

生物多様性についてのパネル展示(環境エネルギー部みどり自然課)

 県では、県内の生物多様性を保全するとともに、人と自然が共生し、将来の世代にわたって豊かな恵みを享受し、持続的に活用する社会の実現を目指しています。生物多様性やその大切さについて理解を深めるため、パネル等の展示を行います。
 詳しくは、次のホームページをご参照ください。
〇「生物多様性とは?」(環境省ホームページ)
URL:http://www.biodic.go.jp/biodiversity/
〇「第4次山形県環境計画」について(県ホームページ)
URL:https://www.pref.yamagata.jp/050015/kurashi/kankyo/management/plan/4thplan.html

生物多様性1 生物多様性2

住宅の耐震補強及び熊本地震における被災建築物応急危険度判定活動パネル展示(県土整備部建築住宅課)

 平成28年の熊本地震では多くの建物が被害を受けました。県では地震による被害を少しでも軽減するため、住宅の耐震改修や減災対策を推進しています。当県から派遣された判定士の被災建築物応急危険度判定活動のパネルと耐震改修事例のパネル等を展示します。
 詳しくは、次のホームページをご参照ください。
〇「耐震診断・耐震改修のすすめ」(山形県ホームページ)
URL:https://www.pref.yamagata.jp/180025/bosai/kochibou/bousaijouhou/jishintsunami/earthquake/susume.html
〇「耐震対策」(山形県住宅情報総合サイトタテッカーナホームページ)
URL:https://www.pref.yamagata.jp/tatekkana/support/quake-proof/procedure.html

 耐震1 耐震2

4月前半の展示 (4月1日~4月15日) 

愛鳥週間ポスターコンクール令和2年度入賞作品展示(環境エネルギー部みどり自然課)

愛鳥週間は、毎年5月10日~5月16日、環境省、公益財団法人日本鳥類保護連盟などにより野鳥保護思想普及のために設けられた1週間です。愛鳥週間普及のため、全国の小中高校の児童・生徒を対象に愛鳥週間のポスター原画を募集し、総裁賞に選ばれた作品から愛鳥週間用ポスターが制作されます。
令和2年度に実施しました山形県愛鳥週間ポスターコンクールの入賞作品を展示します。 詳しくは、次のホームページをご参照ください。

「令和2年度山形県愛鳥週間ポスターコンクール審査結果」(県ホームページ)

愛鳥週間ポスター原画コンクール(公益財団法人日本鳥類保護連盟主催)

 山形県愛鳥週間ポスターコンクール(山形県主催)  

 愛鳥01 愛鳥02
 

自閉症や発達障がいに関する展示(健康福祉部障がい福祉課)

毎年4月2日は国連が定めた「世界自閉症啓発デー」です。また、日本では4月2日から8日までの1週間を、「発達障害啓発週間」としています。発達障がいの特性があると、コミュニケーションが苦手なことがありますが、豊かな才能を持っている人はたくさんいます。より多くの方に発達障がいについて知っていただくため、自閉症や発達障がいに関する展示を行います。
世界自閉症啓発デーや、山形県内のブルーライトアップなどの関連取組みついては、各ホームページをご参照ください。

世界自閉症啓発デー日本実行委員会公式サイト

4月2日「世界自閉症啓発デー」・4月2日~8日「発達障害啓発週間」について(山形県ホームページ)

発達障害01 発達障害02

 

3月後半(3月16日~3月31日)の展示 

「やまがた緑環境税」を活用した森林を守り・育て・暮らしに活かす取組みについて(環境エネルギー部みどり自然課/農林水産部森林ノミクス推進課)

県土の72%を占める森林は、私達の住む平野や盆地を包み込むように分布し、山形のすばらしい自然環境を支えています。この豊かな緑を、県民共有のかけがえのない財産として未来へ引き継ぐため、県では、平成19年4月から「やまがた緑環境税」を導入し、「県民みんなで支える森づくり」に取り組んでいます。
「やまがた緑環境税」を活用した森林を守り・育て・暮らしに活かす取組みに関する展示を行います。
詳しくは、各ホームページをご参照ください。

「やまがた緑環境税」について(山形県ホームページ)

「『やまがた緑環境税』を活用した事業」について(山形県ホームページ)
やまがた緑環境税に関する展示1 やまがた緑環境税に関する展示2
 

「やまがた百名山」写真展(環境エネルギー部みどり自然課)

本県には、雪国ならではの山の魅力があり、登山者向けの本格的な山から身近に親しまれている里山まで、数多くの山岳資源があります。県では、地域の宝である「山」に光を当て、山の魅力を認識し愛着を高めるとともに、その魅力を広く発信し、山岳観光の振興につなげていくことを目的として、「やまがた百名山」を選定しました。
今年度は、昨年度に引き続き春・夏・秋・冬それぞれの「やまがた百名山」の魅力が伝わる作品をInstagramで募集しフォトコンテストを開催。4,000点を超える素晴らしい作品の応募がありました。その応募作品の一部を展示する写真展を開催しますので、是非足を運んでください。
詳しくは、下記ホームページをご参照ください。

山形県山岳情報ポータルサイト「やまがた山」(外部サイトへリンク)

やまがた百名山写真展1 やまがた百名山写真展2

 

3月前半(3月15日~3月15日)の展示 

「やまがた緑環境税」を活用した森林を守り・育て・暮らしに活かす取組みについて(環境エネルギー部みどり自然課/農林水産部森林ノミクス推進課)

3月31日までの展示となります。
県土の72%を占める森林は、私達の住む平野や盆地を包み込むように分布し、山形のすばらしい自然環境を支えています。この豊かな緑を、県民共有のかけがえのない財産として未来へ引き継ぐため、県では、平成19年4月から「やまがた緑環境税」を導入し、「県民みんなで支える森づくり」に取り組んでいます。
「やまがた緑環境税」を活用した森林を守り・育て・暮らしに活かす取組みに関する展示を行います。
詳しくは、各ホームページをご参照ください。

「やまがた緑環境税」について(山形県ホームページ)

「『やまがた緑環境税』を活用した事業」について(山形県ホームページ)
やまがた緑環境税に関する展示1 やまがた緑環境税に関する展示2

東日本大震災関連パネル展(防災くらし安心部防災危機管理課)

2011年3月11日に発生した東日本大震災は、多くの尊い命や財産を奪うなど甚大な被害となりました。災害による被害をできるだけ小さくするためには、地域や世代を超えて大震災の経験と教訓を共有していくことが大切です。大震災から10年目を迎え、改めて3.11を考える機会とするため、東日本大震災関連パネル展を行います。また、「復興へのメッセージボード」を設置し、来庁者の皆様に復興への願いについてメッセージを記入いただきます。

「こちら防災やまがた!」(山形県ホームページ)

東日本大震災関連パネル展1 東日本大震災関連パネル展2

私をそこに連れてって―
『やまがた景観物語』おすすめビューポイント令和2年度写真コンテスト入選作品展(県土整備部県土利用政策課)

県内には、山形ならではの美しい景観が数多くあります。これらの中から特に優れた景観を見ることができる場所を「やまがた景観物語おすすめビューポイント」に選定し、多くの方から訪れていただくことにより、観光振興と地域の活性化を図っています。
令和2年7月1日から令和3年1月31日にかけて、おすすめビューポイントから撮影した写真を募集し、見事入選された24作品をご紹介します。
四季折々の山形ならではの景観のすばらしさを見事にとらえた作品をぜひご覧ください。

「やまがた景観物語」特設サイト(外部サイトへリンク)

やまがた景観物語に関する展示1 やまがた景観物語に関する展示2

 

2月後半(2月15日~2月26日)の展示 

家庭教育支援と読育推進についての取組みの展示(教育庁生涯教育・学習振興課)

家庭教育支援は、家庭の教育力及び地域の教育機能向上のために、保護者の方を対象にした家庭教育に関する学習会や、家庭教育支援者の資質向上を目的とした研修会等を実施する取組みです。
また、子どもの健全な心身の発達を促し本好きな子どもを育むために、乳幼児期からの絵本の読み聞かせの普及・啓発を図り、家庭における「読育(どくいく)」を推進しています。
展示では、これまで実際に行われた取組みを紹介します。
家庭教育支援と読育推進に関する展示1家庭教育支援と読育推進に関する展示2

東日本大震災における被災建築物応急危険度判定活動パネル展示(県土整備部建築住宅課)

平成23年の東日本大震災では多くの建物が被害を受けました。県では地震による被害を少しでも軽減するため、住宅の耐震改修や減災対策を推進しています。展示では、当県から派遣された判定士の被災建築物応急危険度判定活動などについて紹介します。
詳しくは、次のホームページをご参照ください。

「耐震診断・耐震改修のすすめ」(山形県ホームページ)

「耐震対策」(山形県住宅情報総合サイトタテッカーナホームページ)

被災建築物応急危険度判定活動パネル展示1被災建築物応急危険度判定活動パネル展示2

 

2月前半(2月1日~2月12日)の展示 

青少年のインターネット安全利用に関する展示及び青少年育成県民会議の取組みの展示(子育て若者応援部若者活躍・男女共同参画課)

青少年が初めてスマートフォン等を手にすることが多い2月から5月までを「春のあんしんネット・新学期一斉行動」として、行政や関係事業者、保護者、学校等が連携し、フィルタリングの利用促進やインターネットリテラシーの向上等を目的として、啓発活動等の取組みを集中的に展開しています。
この取組みにあわせ、青少年のインターネット対策に関する展示を行います。また、本県における青少年健全育成運動の中心的な担い手である青少年育成県民会議の取組みについて、展示します。
詳しくは、内閣府ホームページをご覧ください。

「春のあんしんネット・新学期一斉行動」について(内閣府ホームページ)
青少年のインターネット安全利用及び青少年育成県民会議の取組みの展示1 青少年のインターネット安全利用及び青少年育成県民会議の取組みの展示2

北方領土に関するパネルの展示(総務部広報広聴推進課)

2月は「北方領土返還運動全国強調月間」です。
山形県では、北方領土返還運動の趣旨に賛同する団体等で組織される「山形県北方領土返
還促進協議会」の会員として、政府、県内市町村、関係団体と連携を図りながら、北方領土の早期返還に向けた取組みを行っています。
多くの方々に北方領土への関心及び理解を深めていただくため、北方領土に関するパネル等を展示します。また、併せて早期返還に向けた署名運動も行います。
県民の皆様には、この機会に北方領土への関心を高めていただき、政府の外交交渉を後押ししてくださるようお願いします。なお、このパネル展は、県庁及び各総合支庁を巡回します。
詳しくは、県ホームページをご覧ください。

「山形県北方領土返還促進協議会」について(県ホームページ)

北方領土に関するパネルの展示1 北方領土に関するパネルの展示2

「未来に伝える山形の宝」登録団体及び取組み状況に関する展示(観光文化スポーツ部文化振興・文化財課)

山形県内各地域には、世界に誇れる文化、いにしえから脈々と地域で受け継がれる文化財があります。これらの保護を図るとともに、郷土に対する誇りと愛着を育み、地域活性化や新たな交流拡大につなげていくため、これら文化財(山形の宝)を保存・活用する取組みを「未来に伝える山形の宝」として登録し県内外に広く発信しています。
今回は、県内各地で進められている取組みについて紹介いたします。
詳しくは、「未来に伝える山形の宝」ポータルサイトをご覧ください。

「未来に伝える山形の宝」ポータルサイト(外部サイトへリンク)

「未来に伝える山形の宝」登録団体の取組みに関する展示1 「未来に伝える山形の宝」登録団体の取組みに関する展示2

 

1月後半(1月18日~1月29日)の展示 

雪害事故防止啓発に関する展示(防災くらし安心部防災危機管理課)

冬期間は、雪害よる事故が多く発生しています。
事故の原因として、転落、落雪、転倒、除雪機によるもの等が挙げられますが、その中でも雪下ろし中の転落事故が大きな割合を占めています。
そこで、事故を予防するための方法等について展示します。
詳しくは、下記ホームページをご参照ください。

「安全な雪下ろし作業について」(県ホームページ)
雪害事故防止に関する展示1 雪害事故防止に関する展示2

山形県企業局のしごと
新たに発電を開始する県営酒田風力発電所に関する展示(企業局総務企画課)

山形企業局は、県の機関として、本県の豊かな自然の恵みを活かし、水力発電や太陽光発電、令和3年1月より新たに発電を開始する風力発電、県内23の市町への水道水供給など、県民の暮らしの安全・安心や経済活動を支える仕事をしています。
本年1月に発電を開始した県営酒田風力発電所の詳細や企業局がどのような仕事をしているのかをお知らせする展示を行います。

企業局の仕事に関する展示1 企業局の仕事に関する展示2

「ノロウイルス食中毒予防」啓発展示(防災くらし安心部食品安全衛生課)

冬期間は、全国的にノロウイルスによる食中毒が流行します。
感染の原因として、ノロウイルスに感染した人が十分な手洗いを行わずに調理することのほか、かきなどノロウイルスが蓄積した食品を食べることが挙げられます。
ノロウイルス食中毒を予防するための方法等について展示します。
詳しくは、下記ホームページをご参照ください。

「ノロウイルスによる食中毒にご注意ください」について(県ホームページ)

ノロウイルス食中毒予防に関する展示1 ノロウイルス食中毒予防に関する展示2

 

1月前半(1月4日~1月15日)の展示 

第70回山形県統計グラフコンクール優秀作品展示会(みらい企画創造部統計企画課)

県民の皆様から統計に慣れ親しんでいただくことを目的として「第70回山形県統計グラフコンクール」を実施しました。
身の回りで疑問に思っていることや、テレビや新聞で話題になっていることなどをテーマに観察や調査を行い、統計資料を集め、それらのデータをグラフ化し、ポスター形式にまとめた作品を展示します。
詳しくは、下記ホームページをご参照ください。

「第70回(令和2年度)山形県統計グラフコンクールの審査結果」について(県ホームページ)
山形県統計グラフコンクール優秀作品の展示1山形県統計グラフコンクール優秀作品の展示2
 

「災害ボランティア活動」に関する展示 (防災くらし安心部消費生活・地域安全課)

広く国民が災害時におけるボランティア活動及び自主的な防災活動についての認識を深めるとともに、災害への備えの充実強化を図ることを目的として、政府では平成7年1月17日に発生した「阪神・淡路大震災」を契機として、毎年1月17日を「防災とボランティアの日」、1月15日から21日までを「防災とボランティア週間」と定めています。
この機会に、山形県では、大規模な災害時に被災者に対する支援活動を行うなど大きな役割を果たしている災害ボランティアの活動を紹介し、県民の皆さんの活動への参加を呼びかけています。
災害ボランティアに関する基本的な知識や実際の活動の状況などを展示します。
詳しくは、下記ホームページをご参照ください。

「山形県災害ボランティア情報」について(県ホームページ)

防災ボランティア活動に関する展示1防災ボランティア活動に関する展示2

令和2年度明るい選挙啓発ポスターコンクール県審査入賞作品の展示(選挙管理委員会事務局)

県選挙管理委員会と県明るい選挙推進協議会では、将来の有権者である小・中・高校生の選挙に対する興味関心を高める目的で、明るい選挙ポスターコンクールを毎年開催しています。今回は、コロナ禍にも負けず、選挙の大切さを伝えたいという思いで作成された数々の力作の中から、県審査における特選作品(15点)を展示します。
1月24日には山形県知事選挙が予定されています。子どもたちがポスターに込めた思いや願いを受けとめ、大切なみんなの1票をしっかり見極めて、投票に参加してくださいますようお願いいたします!
詳しくは、県ホームページをご覧ください。

「令和2年度明るい選挙啓発ポスター 第2次審査(県審査)結果」について(県ホームページ)

明るい選挙啓発ポスターコンクール入賞作品の展示1明るい選挙啓発ポスターコンクール入賞作品の展示2

 

12月後半(12月16日~12月28日)の展示 

「Giving December(12月は寄付月間)」、「やまがた社会貢献基金」と県内の公益活動に関する展示(防災くらし安心部消費生活地域安全課)

毎年12月は「寄付月間」です。この機会に、寄附の大切さや役割について考えてみませんか?
山形県では「やまがた社会貢献基金」を設置し、県民や企業の皆様からお寄せいただいた寄附を積み立て、これを活用して、さまざまな社会貢献活動に取り組む団体の活動を支援しています。
「寄付月間」及び「やまがた社会貢献基金制度」の概要や、基金を活用して実施された事業などの展示を行います。
詳しくは、下記ホームページをご参照ください。

「やまがた社会貢献基金」について(山形県ホームページ)
「寄付月間2020」について(寄付月間推進委員会ホームページ)
寄付月間2020・山形社会貢献基金に関する展示1 寄付月間2020・山形社会貢献基金に関する展示2

「やまがた出会いサポートセンター」・「やまがた縁結びたい」PR展示(子育て若者応援部子育て支援課)

山形県では、県内全市町村、経済団体等と連携して「やまがた出会いサポートセンター」を組織し、マッチングシステムを活用した1対1の出会い支援サービス、企業間連携による独身者交流促進に取り組むとともに、県内においてボランティアで仲人活動を行う「やまがた縁結びたい」による仲人活動により結婚を望む県民の皆さんの出会いの機会拡大に取り組んでいます。
「やまがた出会いサポートセンター」と「やまがた縁結びたい」の結婚支援の取組みと活動の内容について展示します。
詳しくは、下記ホームページをご参照ください。

「やまがた出会いサポートセンター」について(外部サイトへリンク)
「やまがた縁結びたい」について(山形県ホームページ)

やまがた出会いサポートセンター、やまがた縁結びたいに関する展示1 やまがた出会いサポートセンター、やまがた縁結びたいに関する展示2

やまがた健康川柳2020の大賞発表!・入浴事故防止啓発パネルの展示(健康福祉部健康づくり推進課)

山形県と第一生命保険株式会社の包括連携協定事業の一環として募集した「やまがた健康川柳2020」。応募いただいた1,211句の中から、いよいよ大賞1作品、優秀賞5作品を発表します。併せて、冬季は特にご注意いただきたい入浴事故について、わかりやすく紹介します。
詳しくは、下記ホームページをご参照ください。

「やまがた健康川柳2020」(山形県ホームページ)

「入浴死・入浴事故を防ぐナビ」(山形県ホームページ)

入浴事故防止に関する展示 やまがた健康川柳2020受賞作品の展示

 

12月前半(12月1日~12月15日)の展示 

障がい者アート展(健康福祉部障がい福祉課)

毎年12月3日から9日までの1週間は、「障害者週間」です。
さらに山形県では、毎年12月を「山形県障がい者差別解消強化月間」とし、障がいのある人もない人も相互に人格と個性を尊重し合いながら共生する社会の実現を目指し、周知啓発等を集中して行っています。
この取組みの一つとして、「やまがたアートサポートセンターら・ら・ら」による障がい者アート展を開催し、魅力あふれる作品を展示します。
詳しくは、各ホームページをご参照ください。

「障害者週間」について(内閣府ホームページ)
「山形県障がい者差別解消強化月間」について(山形県ホームページ)
「やまがたアートサポートセンターら・ら・ら/ぎゃらりー ら・ら・ら」について(外部サイトへリンク)
障がい者アート展1 障がい者アート展2

『省エネ「川柳・標語」「ポスター」コンテスト』優秀作品巡回展(環境エネルギー部環境企画課)

6月~9月に展開した「夏の省エネ県民運動」において、『省エネ「川柳・標語」「ポスター」コンテスト』を実施しました。今回は、ご応募いただいた中から選ばれた優秀作品を展示します。あわせて市町村等で実施している同様のコンクールの優秀作品も展示しますので、ぜひご覧ください。
また、県では暖房の使用などによりエネルギー消費が増大する冬季(12月~3月)において、県民総ぐるみによる省エネルギーの取組みを推進する「冬の省エネ県民運動」を展開します。無理のない範囲で自主的な省エネ・節電の取組みにご協力をおねがいします。
運動やコンテスト受賞作品についての詳しい情報は山形県ホームページをご参照ください。

「冬の省エネ県民運動」について(山形県ホームページ)

省エネ県民運動に関する展示1 省エネ県民運動に関する展示2

雪崩防災週間・雪崩災害に関するパネル展示(県土整備部砂防・災害対策課)

毎年12月1日から7日までの1週間は「雪崩防災週間」です。
本格的な雪のシーズンを前に山形県では、雪崩災害による被害を防止するため、雪崩に関する知識やその危険性について周知啓発を行っています。
この取組みの一つとして、雪崩災害に関するパネル・写真を展示します。
詳しくは、各ホームページをご参照ください。

「雪崩防災」について(国土交通省ホームページ)(外部サイトへリンク)
「雪崩防災週間」について(国土交通省ホームページ)
「雪崩防災週間」の実施について(山形県ホームページ)

雪崩防災週間に関する展示1 雪崩防災週間に関する展示2

 

11月後半(11月16日~11月30日)の展示 

女性に対する暴力をなくす運動・若者支援の取組みの展示(子育て若者応援部若者活躍・男女共同参画課)

11月12日から25日までは、「女性に対する暴力をなくす運動」の期間です。男女がお互いの人権を尊重し、暴力のない社会を実現するため、この機会に、男女の対等なパートナーシップや暴力を伴わない人間関係について考えてみましょう。
また、11月は「子供・若者育成支援強調月間」、「児童虐待防止推進月間」になっておりますので、若者支援や山形県オレンジリボンキャンペーン、"いじめ・非行をなくそう"やまがた県民運動についての取組みも併せて紹介します。
詳しくは、県ホームページをご参照ください。

○「女性に対する暴力をなくす運動」について(県ホームページ)

「若者支援の取組み」について(県ホームページ)
(若者支援コンシェルジュ)
(子供・若者育成支援強調月間)
(若者相談支援拠点)

○「山形県オレンジリボンキャンペーン」について(県ホームページ)

○「"いじめ・非行をなくそう"やまがた県民運動」について(県ホームページ)
女性に対する暴力をなくす運動に関する展示1 女性に対する暴力をなくす運動に関する展示2

令和2年度「土砂災害防止に関する絵画・作文」地方審査会入賞作品の展示(県土整備部砂防・災害対策課)

山形県では、毎年6月の「土砂災害防止月間」に併せて、6月1日から9月15日までの間、「土砂災害防止に関する絵画・作文」の募集を行いました。その結果、数多くの作品の応募があり、その中から審査会で入賞した作品を展示します。是非、足をお運びになって作品をご覧になって下さい。
「絵画・作文の入賞作品」について詳しくは、県ホームページをご参照ください。

○土砂災害防止に関する絵画・作文の入賞作品(県ホームページ)

「土砂災害防止に関する絵画・作文」入賞作品1 「土砂災害防止に関する絵画・作文」入賞作品2

「犯罪被害者支援」に関する展示 (防災くらし安心部消費生活・地域安全課)

毎年11月25日から12月1日までの期間は「犯罪被害者週間」となっています。若年層をはじめとした幅広い世代に犯罪被害者等が抱える問題や支援の必要性等を訴え、社会全体で被害者を支え、被害者も加害者も出さない街づくりの実現に向けて、県内の工学系私立高等学校の生徒が制作した被害者支援に関する広報啓発作品を展示します。また、性犯罪被害相談電話「#8103(ハートさん)」や民間支援団体「公益社団法人やまがた被害者支援センター」「やまがた性暴力被害者サポートセンター」についても紹介しています。
詳しくは、県ホームページをご参照ください。

○「犯罪被害者支援」(県ホームページ)

犯罪被害者支援に関する展示1 犯罪被害者支援に関する展示2

 

11月前半(11月2日~11月13日)の展示 

(合同開催)
「やまがた教育の日」及び「やまがた教育月間」関連パネルの展示(教育庁教育政策課)
学校・家庭・地域の連携協働推進事業「地域学校協働活動」の取組みの展示(教育庁生涯教育・学習振興課)

「やまがた教育の日」及び「やまがた教育月間」関連パネルの展示

山形県教育委員会では、教育に対する関心と理解を深め、社会全体で「教育を支える文化・風土」を育むとともに、未来の山形を担う心豊かでたくましい子ども達を育成するため、11月を「やまがた教育月間」、11月第2土曜日を「やまがた教育の日」と定めています。家庭や地域で「教育の大切さ」を考え、取り組んでいる事例を紹介します。

「やまがた教育の日」「やまがた教育月間」(県ホームページ)

学校・家庭・地域の連携協働推進事業「地域学校協働活動」の取組みの展示

「地域学校協働活動」とは、地域の皆さんや企業・団体等の協力により、子どもたちの「放課後の活動支援」や「学校の活動支援」、「家庭教育の支援」等、子どもたちの教育環境の充実に努める取組みです。また、この取組みに関わる地域の皆さんにとっては、生涯学習の場であり、地域の活性化につながるものにもなっています。展示では、県内での事例について紹介します。
やまがた教育の日、やまがた教育月間、地域学校協働活動に関する展示1 やまがた教育の日、やまがた教育月間、地域学校協働活動に関する展示2

「東北文化の日2020」関連イベントのご紹介(観光文化スポーツ部文化振興・文化財課)

東北6県と仙台市は、平成22年度から毎年10月の最終土曜日とその翌日の日曜日を「東北文化の日」とし、東北の文化に関する情報を一体となって発信することで、多様な文化に県域を越えて親しんでいただく取組みを行っています。
山形県でも、「東北文化の日」を中心とした約1ヶ月間、県内の文化施設等では、無料(割引)展示や文化祭、体験教室などこの期間ならではのイベントを行っており、今年度は10月31日(土曜日)から11月29日(日曜日)まで、県内では42施設において様々な企画を行いますので、お知らせします。
これに合わせ、県内の関連イベントを紹介する展示を行いますので、ぜひご覧ください。
ガイドブックは県HP、やまがたebooks(外部サイトへリンク)からもご覧になれます。

東北文化の日2020に関する展示1 東北文化の日2020に関する展示2

お問い合わせ

総務部広報広聴推進課広聴担当

住所:〒990-8570 山形市松波二丁目8番1号

電話番号:023-630-3003

ファックス番号:023-630-2223